シャンプーの違い

シャンプーの選び方

店先には様々な種類のシャンプーが並んでいます。

 

それぞれどんな違いがあるのでしょうか。

 

 

見かける事の多くなったシリコン・ノンシリコンの場合、
簡単に言うと髪の毛をコーティングする成分が入っているかいないか、
といった違いがあります。

 

シリコン剤は髪の毛をコーティングするため手触りが良くなります。

 

しかし外側から髪の毛に栄養を与えたい場合には使用を控えるなど、
気を付けなければならない点もあります。

 

シャンプーの成分に
石油由来の界面活性剤が使われる事はよくあります。

 

洗浄力の高さから利用される事の多い成分ですが、
洗浄力の高さは種類によって異なってきます。

 

頭皮の状態にそぐわないような強い洗浄力のあるものを選ぶと
逆に皮脂分泌量が多くなってしまったり、
フケの原因になってしまったりする事もあります。

 

製品に記載されているオイリー・ノーマルといった商品タイプの違いは
このような洗浄力の違いに関係していると考えて問題はないでしょう。

 

最近増えてきているのは
洗浄力の弱い界面活性剤を使用しているシャンプーです。

 

洗浄力が弱いと言っても
頭皮への刺激も少ないため安心感があると言えます。

 

このタイプはアミノ酸系を代表に
様々なタイプが販売されており、
種類は増える傾向にあります。

 

頭皮の状態や汚れ具合によっては
とてもメリットのあるシャンプーですが、
こちらも相性が大切です。

 

強力なスタイリング剤を使用している場合には
十分に洗い落とせない可能性もあるからです。

 

シャンプー選びには総合的な判断が必要だと言えます。

ヘアケア