髪の洗い方から

日頃のケアで注意する事

私達は毎日当然のように
髪の毛を洗うなどのヘアケアを行っています。

 

しかし毎日のように行う基本的なケアほど
手抜きになってしまうものです。

 

日頃のケアで注意する点はないのでしょうか。

 

髪の毛を洗う時、
多くの人はサッと濡らしてすぐにシャンプーに移ると思います。

 

しかしシャンプーに入る前の濡らす行為には深い意味があります。

 

泡立てを良くするよりも、
ホコリ等の汚れを洗い流すという意味もあるのです。

 

ここである程度洗い流すことが出来れば
シャンプーの効率も良くなります。

 

「濡らす」のではなく「軽く洗い流す」という姿勢でやってみてください。

 

シャンプーの泡は汚れているからしっかり洗い流す、
こういう人も多くいます。間違ってはいません。

 

 

ところがコンディショナーやトリートメントになると
液剤が流れ落ちてしまうから、
と簡単に済ませてしまう人も多くいます。

 

これには問題があります。

 

頭皮に残ってしまうと毛穴の詰まる原因になるからです。

 

液剤は髪の毛に一度付けば
流れ落ちてしまう事を心配する必要はありません。

 

付いた時点で役割を果たしているからです。

 

ここはシャンプー同様に、あるいはそれ以上に
しっかりすすぐという事に重点を置きましょう。

 

これだけで頭皮の状態が変化する可能性もあります。

 

最後は乾燥です。

 

ドライヤーで乾かす前にタオルで
大方の水分を取ってしまいたいところですが、
ここにも注意する点があります。

 

髪の毛同士で摩擦させてはならないという事です。

 

濡れている髪の毛は刺激に弱い状態にあります。

 

タオルでゴシゴシすれば
タオルや他の髪の毛による摩擦が生じてしまいます。

 

力任せに拭くのではなく、
タオルで包み込むように優しく労わってあげましょう。

ヘアケア