危険な紫外線

髪の毛も日焼けする

髪の毛には頭を衝撃や傷から守る
クッションのような役割があります。

 

とても重要な役割です。

 

しかし現代では更に重要度を増している役割があります。

 

紫外線から守るという役割です。

 

 

最近は帽子や日傘を愛用する人が増えてきましたが、
それらを使わず、その上髪の毛も無かったとしたらどうでしょう。

 

頭皮や常に紫外線を直接的に浴びる事になります。

 

紫外線は浴び過ぎると日焼けするだけでなく
皮膚がんの原因となります。

 

髪の毛は紫外線のダメージを
頭皮の代わりに受けていてくれているわけです。

 

しかし紫外線のダメージに
打ち勝つ事が出来るほど髪の毛は強く出来ていません。

 

紫外線を浴びれば浴びた分のダメージを受けています。

 

夏に髪の毛がパサついたり、
色が変化したりするのはこれらダメージの蓄積によるものです。

 

髪の毛の日焼けは自分ではなかなか気づきにくいものです。

 

だからこそ予防する事が重要になります。

 

髪の毛専用の日焼け止めスプレーを使用したり、
紫外線カットの効果のある帽子や日傘を
利用したりする事でかなりの効果が期待出来ます。

 

ただしスプレーを利用する際にはしっかりと落とす事も大切です。

 

シャンプーやクレンジングが十分でないと
逆に髪の毛のストレスとなって悪影響を及ぼす事もあるからです。

 

紫外線に対する効果だけでなく、
落としやすさにも注目して選んでみて下さい。

 

それでもダメージ受けてしまった場合は、
早く修復する事も忘れないようにしましょう。

 

ヘアオイルで油分を補ってあげたり、
トリートメントを行ったりする事はとても効果的です。

 

大切な髪には愛情込めたお手入れが一番です。

ヘアケア