髪の成長に必要な食べ物

髪に必要な栄養

ツヤのある健康的な髪にはわかめ等の海藻類を
食べるのが良い、このような通説が
広く知れ渡っています。

 

しかし髪の毛は
海藻類と同じ成分から出来ているのでしょうか。

 

実は髪の毛に含まれる主な成分はタンパク質です。

 

これが9割を占めています。

 

わかめはタンパク質も含んでいますが
そこまで多くはありません。

 

むしろ炭水化物の方が多く含まれています。

 

わかめが良いという通説には
ちょっと苦しいものがあります。。

 

タンパク質を多く含む食品は肉類や卵、
大豆製品、乳製品等に多く含まれています。

 

ただ多く摂れば良いというわけではなく、
タンパク質に含まれるアミノ酸を
バランス良く摂取する事も重要です。

 

 

偏った食材から多く摂る事を考えるのでなく、
様々な食材から摂ることを目標にすると良いですね。

 

しかし髪の毛を構成する成分の9割はタンパク質ですが、
タンパク質だけでは
ツヤのある髪の毛を手にする事は出来ません。

 

タンパク質が髪の毛となる時に
必要となる成分があるからです。

 

亜鉛、銅、ビタミンB等です。

 

亜鉛と聞いて何か気付いた方はいますでしょうか。

 

そうです、わかめに含まれる成分です。

 

わかめは髪の毛の発育に不可欠なものだったのです。

 

しかし、わかめ等の海藻類を
沢山食べればツヤのある髪の毛に
なるというわけではありません。

 

適量を継続的に摂る事の方が良いでしょう。

 

また亜鉛は牡蠣や干しエビ、切干大根
、赤みの牛肉等に多く含まれています。

 

銅は大豆、いんげん、タコ、レバー等に、
ビタミンBは豚肉、まぐろ、うなぎ、納豆、
ニンニク等に多く含まれています。

 

このように様々な食品に含まれているため、
日頃からバランスの良い食事を摂る事が大切です。

 

しかし、バランスの良い食事を
日頃の生活で摂る事は難しいです。

 

そこで育毛剤の使用をおすすめします。

 

育毛剤には髪に良い成分が豊富に含まれているため
髪の成長を促進します。

 

また、ツヤのある健康的な髪にするには
シャンプー選びがとても重要になります。

 

使用している成分で大きな差が出てしまうのは
言うまでもありません。

 

もしシャンプー選びで迷ってしまったら
ハーブガーデンさくらの森シャンプーをお試しください。

 

ハーブガーデンさくらの森シャンプーは、
http://xn--y8jl0f1e7jyg5c7fndw625cvirbgob.com/
で最安値で購入できます。

 

ヘアケアに効果的なオイル

 

ヘアケアに効果的だと言われる
オイルがいくつかあります。

 

それぞれに特徴があるので、
その違いを知ってより高い効果を
得るようにしましょう。

 

 

髪に良いオイルと言えば、
古くから美髪に利用されてきた
ツバキ油を外す事は出来ません。

 

そのツバキ油には主に4つの効果があります。

 

まず髪の毛の水分を守り、
艶やかで潤いのある髪にしてくれます。

 

次に表面をコーティングして髪を強くし、
更に紫外線や熱等のダメージから守ってくれます。

 

冬場には静電気防止にも役立ち、
髪の乾燥を防いでくれます。

 

髪の毛をトータルサポートしてくれる存在です。

 

但しツバキオイルは精製方法によって
品質に大きな違いがあります。

 

サラサラとしているタイプは不純物の少ない物が多いので
1つの目安とすると良いかもしれません。

 

食用としても注目されているココナッツオイルも
美髪効果が期待出来ます。

 

ココナッツオイルは髪の毛に浸透しやすいのが特徴で、
髪の毛をコーティングするというより
必要な栄養素を中に浸透出来る点にメリットがあります。

 

また抗酸化作用が高いため、
地肌を健康に保つ働きも期待出来ます。

 

但し甘い香りが特徴的です。

 

シャンプー後の仕上げに使っても問題はありませんが、
スタイリングをする予定がある時はシャンプー前の
プレパックとして使用するのが良いかもしれません。

 

毛先から地肌まで、全体にしっかりと馴染ませましょう。

 

注目度が高まっているアルガンオイルは
酸化しにくいというメリットがあります。

 

更にココナッツオイル同様に
抗酸化作用や美肌効果も高くあります。

 

そのため髪の毛に長時間付いたままであったり、
肌に触れてしまう事があったりしても
デメリットはありません。

 

更に親水性も高いので濡れた髪に使う事も出来ます。

 

アルガンオイルはシャンプー後、
ドライヤー前の濡れた髪に馴染ませるのが
一番効果的な使い方だと言えます。

 

このようにそれぞれの特徴を活かして
使い分けるようにすると更に大きな効果を
引き出す事が出来ます。

 

どのオイルを使用しても、シャンプーの際に
しっかり落とす事を忘れないで下さい。

ヘアケア